《最新のエントリー(5件)》

【お知らせ】
サイトリニューアル中です

現在、日経デジタルコアのサイトはリニューアル作業中です。
その間、最新の情報は下記にてお知らせいたします。どうぞご参照ください。
 
http://mediasociety.weblogs.jp/digitalcore/

【お知らせ】
情報セキュリティシンポジウム道後2012

日経デジタルコアは、2月に松山市で行われる「情報セキュリティシンポジウム道後2012」に協力しています。
 
visual.jpg
 


続きを読む

【デジタルコア・ニュース】
デジタルコアとIGF-Japan、東京でセミナーを開催

igov1214.jpg
 
 日経デジタルコアとIGF-Japanは12月14日、「クラウド・ソーシャル時代のインターネットガバナンス」と題し東京・大手町の日本経済新聞社でセミナーを実施した。
 


続きを読む

【月例会】
12/14 セミナー「クラウド・ソーシャル時代のインターネット国際管理体制」参加者募集

インターネットの国際管理体制を話し合うインターネットガバナンスフォーラム(IGF、Internet Governance Forum)の日本拠点として発足したIGF-Japanと、ITと社会とのかかわりについて広く議論している日経デジタルコアは、共催でセミナーを開催いたします。
 
インターネットが普及し、社会のあらゆる分野で不可欠な存在となると共に、インターネットの不正使用やセキュリティー、個人情報保護、表現の自由等、多くの制度上の問題が指摘されるようになってきました。しかしインターネットはもともと国境のない世界であり、そうした課題の解決には一国だけの制度議論では対応できず、国際的な協調が不可欠となっています。
 
こうした状況を受け、国連では2006年からインターネットガバナンスフォーラムを毎年開催し、広くインターネットの技術や制度に関して国際的な議論を展開してきました。
 
そして今、クラウド時代の到来によりインターネットはこれまで以上に新しいビジネスモデルを可能にし、ビジネスのありかたをも大きく左右するものとなりつつあります。日本も、こうした国際議論に積極的に参加することがこれまで以上に求められてきました。
 
本セミナーでは、その最新動向について情報提供するとともに、情報通信産業(コンテンツサービスを含む)が取り組むべき社会的責任について議論します。
 
皆様の積極的なご参加をお待ち申し上げております。
 
==============================
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
    日経デジタルコア・IGF-Japan共催セミナー
「クラウド・ソーシャル時代のインターネット国際管理体制」
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
【開催概要】
 
日 時 : 12月14日(水) 18時30分~21時00分
                (18時10分受付開始) 
 
会 場 : 日経大手町セミナールーム2(日本経済新聞社ビル 6階)
      東京都千代田区大手町1-3-7
      http://www.nikkei-hall.com/access/index.html 
定 員 : 80名
 
参加費 : 無料
 
申込締切: 12月9日(金)まで
      ※下記申し込み票をメールにてお送りください。
      ※定員に達し次第締め切りとなります。ご了承ください。
 
主 催 : 日経デジタルコア、IGF-Japan
 
プログラム:
 
*敬称略
*講師、講演内容は変更になる場合もございます。ご了承ください。
 
18:30~35 開会挨拶
日本インターネットプロバイダー協会会長
IGF-Japan議長 渡辺 武経
 
18:35~40 来賓挨拶
総務省 総合通信基盤局長 桜井 俊
 
18:40~19:10 講演 「国連IGF会議の動向とIGF-Japanの活動報告」
慶應義塾大学 特任教授
IGF-Japan副議長 加藤 幹之
 
19:10~19:40 講演
「サイバー攻撃に揺らぐインターネットの信頼性
 ~DigiNotar(オランダの認証局)不正証明書発行事件を検証する」
情報処理推進機構(IPA)セキュリティセンター 研究員
神田 雅透
 
19:45~20:55 パネルディスカッション
「クラウド・ソーシャルメディアの台頭で『インターネットのルール』は変わるのか」
総務省 総合通信基盤局 データ通信課長  齋藤 晴加
イー・アクセス株式会社 執行役員 小畑 至弘
日本インターネットプロバイダー協会副会長 立石 聡明
ハイパーネットワーク社会研究所副所長/多摩大学情報社会学研究所教授 会津 泉
慶應義塾大学 特任教授 加藤 幹之
(司会)
インターネット協会 副理事長 木下 剛
 
 
※IGF-Japanとは
社団法人日本インターネットプロバイダー協会に事務局を置き、国内の多くの団体が参加を表明して、本年6月にスタート。7月には第一回全体会議を京都で開催した。9月末にケニアのナイロビで行われた国連主催のIGFにも代表団を派遣し意見表明を行った。今後も、国連を通じた世界の動きや、アジア地域の動きとも連携し、問題提起と課題解決に取り組む。来年6月にはアジア太平洋地域から参加者を集めた地域IGF開催を計画している。
 
==============================
 
下記に所属・氏名を記載頂いた申し込み票が、勉強会への「登録証」
となります。
 
当日、お越しの際に、プリントアウトした申し込み票(所属・氏名
記載済み)またはお名刺をご提示頂きますようお願い致します。
 
 
==================== 申し込み票 =======================
 
ご記入の上、日経デジタルコア事務局 
digitalcore@nex.nikkei.co.jp 宛 ご送信下さい。
 
12月14日 セミナーに参加します。
 
御所属:
御名前:
メールアドレス:
 
本セミナーへの参加にあたりご登録いただいた個人情報は、参加に伴
う一連の手続き(確認メールなどの送付、当日の受付作業など)に利
用するほか、今後主催者が行うイベントについての情報をお送りする
ために利用させていただきます。
 
今後イベント情報を希望しない場合、下記の( )に×をご記入くだ
さい。
 
イベント情報の送付→(  )
 
================= 勉強会申込票ここまで ==================
 
お問い合わせ等につきましても上記メールアドレスで承ります。
皆様のご参加をお待ち申し上げます。
 

【月例会】
「ソーシャル時代のジャーナリズムとメディア~ダン・ギルモア氏を迎えて~」開催

core10_1.jpg
 
 10月13日、ジャーナリストでブロガーとしても著名なダン・ギルモア氏を招き勉強会を開催しました。ソーシャルメディアの時代に求められるジャーナリズムを中心に、議論を交わしました。
 


続きを読む

【月例会】
10/13勉強会「ソーシャル時代のジャーナリズムとメディア ~ダン・ギルモア氏を迎えて~」参加者募集

ITと社会のかかわりについて幅広い視点で情報・意見を交換する「日経デジタルコア」勉強会の開催が決まりましたのでご案内いたします。
 
今回はジャーナリストであり、ブロガーでもあるダン・ギルモア氏を講師にお招きしました。
 
ギルモア氏はシリコンバレーの新聞社「サンノゼ・マーキュリー・ニュース」の元コラムニスト。ネットユーザーが直接情報発信する市民ジャーナリズムの可能性に着目した彼は、自らも1999年にブログ「eジャーナル」を開設しました。
 
新聞社を退職後、2005年に日本でも発売された著書「ブログ 世界を変える個人メディア(原題:We the media)」で大きな話題を呼びました。そこには、ブロガーを中心とした市民ジャーナリストが活躍する新しいメディアと社会の構造が描き出されています。
 
その続編とも位置付けられる新著「あなたがメディア! ソーシャル新時代の情報術(原題:Mediactive)」がこのほど日本で出版されました。
 
今回の勉強会では、まず本の内容に沿った形でギルモア氏にレクチャーいただき、その後自由にディスカッションします。
 
SNSや動画共有・中継サイト、スマートフォンの普及などにより、さらにダイナミックになったネット環境の中で、ギルモア氏の描く市民ジャーナリズムと新しいメディアの構造はどう変化するのか。そこで求められるリテラシー、ルール、テクノロジーとは何か。そして既存のマスメディアは何をすべきなのか。
 
執筆活動と同時に、研究や教育、起業などを通じ、市民ジャーナリズムの実践にも取り組んでいるギルモア氏との議論を通じ、ネットの、メディアの、そして社会の行く末を見通していきたいと思います。
 
皆様の積極的なご参加をお待ち申し上げております。
 
==============================
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
       日経デジタルコア 勉強会
  「ソーシャル時代のジャーナリズムとメディア
      ~ダン・ギルモア氏を迎えて~」
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
【開催概要】
 
日 時 : 10月13日(木)18時30分~20時30分
              (18時10分受付開始) 
 
会 場 : 日経大手町セミナールーム2(日本経済新聞社ビル 6階)
      東京都千代田区大手町1-3-7
      http://www.nikkei-hall.com/access/index.html 
定 員 : 70名
 
参加費 : 無料
 
通 訳 : 逐次通訳付き
 
申込締切: 定員に達し次第締め切りとなります。
      ※下記申し込み票をメールにてお送りください。
 
プログラム:
 
18:30~19:30 講演 ダン・ギルモア氏
 
19:30~20:30 質疑・討論
       (司会)日本経済新聞社 論説委員 兼 産業部編集委員 関口和一
 
<<講師紹介>>
Dan Gillmor(ダン・ギルモア) ジャーナリスト/ブロガー
1951年、米ニューヨーク生まれ。バーモント大学卒業後、ミュージシャンとして活動。いくつかの地方紙での勤務を経て1994年からサンノゼ・マーキュリー・ニュースでテクノロジー担当コラムニスト。退社後は執筆活動とともに市民ジャーナリズムのサイト、旅行情報共有サイトなどの立ち上げにも参加する。またカリフォルニア大学バークレー校ジャーナリズムスクール、ハーバード大学インターネット社会センターで教育・研究にあたった。現在、英ガーディアンの電子版で連載を持つほか、アリゾナ州立大学ジャーナリズム・マスコミュニケーションスクール デジタルメディア アントレプレナーシップセンターの所長・教授を務めている。
 
==============================
 
◆ご参加希望の方は、下記申込票をコピーし、必要事項ご記入の上
 メールでお申し込みください。
 (送信先: digitalcore@nex.nikkei.co.jp )
 
------------勉強会申込票------------------------
digitalcore@nex.nikkei.co.jp までお送りください。
 
10/13 勉強会に参加します。
 
御所属(会社名・部署名など):
 
御名前:
 
メールアドレス:
 
本勉強会への参加にあたりご登録いただいた個人情報は、参加に伴う一連の手続き(確認メールなどの送付、当日の受付作業など)に利用するほか、日本経済新聞社が行うイベントについての情報をお送りするために利用させていただきます。
 
今後イベント情報を希望しない場合、下記の( )に×をご記入ください。
イベント情報の送付→(  )
 
------勉強会申込票ここまで---------------------
 
お問い合わせ等につきましても上記メールアドレスにて承ります。
 

【月例会】
勉強会「震災時の情報行動とこれからのITの役割」開催

izu1.jpg
 
 9月15日、講師にiSPP(情報支援プロボノ・プラットフォーム) 共同代表理事を務める会津泉氏を迎え、「震災時の情報行動とこれからのITの役割」をテーマに勉強会を開きました。
 


続きを読む

【月例会】
9/15勉強会「震災時の情報行動とこれからのITの役割」開催のご案内

  
ITと社会のかかわりについて幅広い視点で情報・意見を交換する「日経デジタルコア」勉強会の開催が決まりましたのでご案内いたします。

講師はデジタルコアのメンバーでもある、iSPP(情報支援プロボノ・プラットフォーム) 共同代表理事の会津泉さんです。

5月24日に発足したiSPPは、東日本大震災からの復旧・復興に向けた情報プラットフォームづくりを進めながら、今後の大規模災害時にも対応できるシステムや体制を提案していくことを目指しています。

iSPPはこのほど「東日本大震災 情報行動調査」の結果をまとめました。これは、被災された方々が必要な情報の入手・発信をどのような手段で行ったかを、震災当日、1週間後まで、1カ月後まで、3カ月後まで、というように時間軸で区切り、岩手・宮城・福島の3県に住む方々2,815人を対象に調べたものです。

すでに発表された速報版にはネット調査の結果が記されており、震災当日は役に立った情報源としてラジオを挙げる人が最も多く、1週間後にテレビが取って代わる、といった動きが明らかになっています。また全体の61%の人が震災以前、インターネットを普段から利用していた、としながらも、それが役に立った、という声は震災当日が18.9%、1週間後で38.8%、1カ月後でも53.0%に止まりました。

これら定量的な調査に加え、iSPPでは7月に現地で186名に聞き取り調査を行っており、ネット調査では分からない住民の方々の様々な思いもリポートにまとめています。

今回のデジタルコア勉強会では、このiSPPの調査結果について詳しく解説いただくとともに、震災時に既存のメディアやITができなかったことは何か、そして今後復興に向けてどのような情報プラットフォームが必要か、メディアやITが具体的にどのように貢献できるのか、を話し合っていきたいと思います。

ディスカッションの時間には、やはりデジタルコアメンバーで、iSPP理事も務める藤代裕之さんにご参加いただき、アドバイザーとしてかかわる「ボランティアインフォ」などについて紹介いただくなど、ITによる復興支援の他の取り組みにも目を向けます。

皆様の積極的なご参加をお待ち申し上げております。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

       日経デジタルコア 勉強会
  「震災時の情報行動とこれからのITの役割」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【開催概要】

日 時 : 9月15日(木)18時30分~20時30分
              (18時10分受付開始) 

会 場 : 日経大手町セミナールーム2(日本経済新聞社ビル 6階)
      東京都千代田区大手町1-3-7
      http://www.nikkei-hall.com/access/index.html
定 員 : 60名

参加費 : 無料

申込締切: 9月13日(火)まで
      ※下記申し込み票をメールにてお送りください。
      ※定員に達し次第締め切りとなります。ご了承ください。

プログラム:

18:30~19:30 講演
 iSPP(情報支援プロボノ・プラットフォーム) 共同代表理事 会津 泉氏

19:30~20:30 フリーディスカッション
 ゲスト:藤代裕之氏(「ボランティアインフォ」アドバイザー)
     ほか

■参考URL
(iSPP)
http://www.ispp.jp/
(情報行動調査 速報版)
http://www.ispp.jp/ispp-wp/wp-content/uploads/2011/08/201107ispp_release_0726.pdf
(ボランティアインフォ)
http://volunteerinfo.jp/

◆ご参加希望の方は、下記申込票をコピーし、必要事項ご記入の上
 メールでお申し込みください。
 (送信先: digitalcore@nex.nikkei.co.jp )
 

------------勉強会申込票------------------------
digitalcore@nex.nikkei.co.jp までお送りください。
 
9/15 勉強会に参加します。
 
御所属(会社名・部署名など):
 
御名前:
 
メールアドレス:
 
 
本勉強会への参加にあたりご登録いただいた個人情報は、参加に伴う
一連の手続き(確認メールなどの送付、当日の受付作業など)に利用する
ほか、日本経済新聞社が行うイベントについての情報をお送りするために
利用させていただきます。
 
今後イベント情報を希望しない場合、下記の( )に×をご記入ください。
イベント情報の送付→(  )
 
------勉強会申込票ここまで---------------------
 
お問い合わせ等につきましても上記メールアドレスにて承ります。
 

【デジタルコア・ニュース】
ITで復興支援に貢献・アプリ制作を呼びかけ、プロジェクト始動

meeting0629.jpg
 
 東日本大震災からの復興を、ITを通じて支援していくプロジェクトが6月29日、スタートした。ボランティア受け入れ状況や節電に関するデータなど、さまざまな情報をシステム開発に利用しやすい形で提供し、それらをパソコンやスマートフォンで閲覧できるアプリケーションの開発を呼びかける。完成したアプリをまとめて紹介するウェブサイトの立ち上げや、利用者の高い評価を集めたアプリ制作者を表彰する企画などを構想している。
 


続きを読む

【月例会】
勉強会「融合するモバイルとクラウド~米国ITリポート」開催

koike2011.jpg

 日経デジタルコアは4月28日、東京・大手町の日経セミナールームで、米国在住のITジャーナリスト、小池良次氏を講師に迎え米国情報通信業界の最新動向に関する勉強会を開催した。
 


続きを読む

メニュー