【世界情報通信サミット】
世界情報通信サミット2005 ミッドイヤー・フォーラム開催

midyear2005
400人以上が参加したミッドイヤーフォーラムの会場

 9月8日、東京国際フォーラムで「IT経営の新たな可能性を求めて」をテーマに世界情報通信サミット・ミッドイヤー・フォーラムを開催した。

 

 昨年秋に設置した「経営の可視化とIT研究会」での議論を踏まえつつ、組織論、ビジネスモデルなど幅広い視点からITと経営の本質について意見を交わした。

 海外からのゲストスピーカー、マイクロソフト 知的財産担当コーポレート バイスプレジデントのマーシャル・フェルプス氏は、知財のエキスパートとしての豊富な経験から、知的経営資源をどう戦略的に生かしていくか問題提起し、400人を超えた参加者の高い関心を集めた。

NIKKEI NETの記事
(サミット概要)
http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?i=20050908aa001aa
(フェルプス氏インタビュー)
http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?i=2005090809989aa

ミッドイヤーフォーラム プログラム
http://www.nikkei-digitalcore.jp

<本フォーラムの詳細は後日アップします>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://www.nikkeidigitalcore.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/52

コメント一覧

メニュー