2008-1-07

【ネット時評 : 國領二郎(慶應大学)】
「自律する人間」と「依存する人間」

kokuryo3.jpg
 
 2008年がスタートした1月1日。お正月ということもあり、目先の出来事からしばし目を離して世の中全体のことを振り返ってみた。


続きを読む

2007-1-11

【ネット時評 : 國領二郎(慶應大学)】
2007年、IT社会の基本戦略を見定めよ――創造と信頼を両立するネットワークの実現

kokuryo.jpg
 
2007年のスタートにあたり、提案がある。これから2010年代初めまでの5年ほどの期間を、「突貫仮工事で『世界最先端』にした日本のIT社会を、本工事を行って確固たるものにする時期」と位置づけたい。今年はその設計思想についてしっかりと見定める大切な年と言っていい。NGN(次世代ネットワーク)構想に向かって動き始める通信やアナログ停波を控えた放送などのインフラストラクチャー整備のあり方、通信放送融合時代の著作権や個人情報保護と安全のジレンマでゆれる制度整備、(住基ネットなどに代表される)建て直しが必要と思われるシステムの見直し、最先端にありながら国際競争力を持ちきれていないICT産業の競争戦略確立などなど、考えるべきことは官民で多岐にわたる。そうした多様な課題に答えるためにも、しっかりとした基本戦略を持っていたいところである。すでにさまざまな取り組みが始まっている中で、いささか迂遠(うえん)なのかもしれないが、この話を一度、誰が、どんなシステムを、どのようにして、構築するのか?というそもそも論に立ち返って整理する必要がある。


続きを読む

メニュー