2009-2-23

ITは村を救えるか?――東峰村、インターネットで5時間テレビ

 福岡県の東峰村は2月21日、インターネット動画配信システムを使い、住民によるIT活用の取り組みについて5時間にわたり生放送形式で紹介した。

 


続きを読む

東欧革命から20年――ベルリン、四半世紀ぶりの再訪

 masuda02.jpg
 
 「ベルリンの壁」を一目見ようと、ドイツのベルリンを訪ねたのは1985年のことだった。戦争が終わって生まれ、冷戦の時代、「平和」と「民主主義」の国ニッポンで生まれ育ったぼくにとって、ベルリンは東西対立の象徴であり、一度は行くべき「聖地」のように感じていた。そう考えるのはぼくばかりではないようで、そのころ多くの“西側”の若者がベルリン詣でをしていた。
 


続きを読む

2009-2-20

勉強会「AR(拡張現実)の基本と社会へのインパクト」

会場の様子
 日経デジタルコアは2月18日、大手町のサンケイプラザにて「AR(オーグメンティッド・リアリティー、拡張現実)の基本と社会へのインパクト」と題した月例勉強会を開催した。

 講師として迎えたのは、早くからARの可能性に着目し、研究を進めてきた慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の稲見昌彦教授。「Back To The Real Word」と題し、オーグメンティッド・リアリティー(以下AR)の概念とその研究開発動向について解説した。


続きを読む

2009-2-17

ホワイトスペース解禁に日本も備えを~インターネットのトリレンマ(3)

kusunoki2.jpg
 
 1月30日に「情報通信審議会 情報通信政策部会 通信・放送の総合的な法体系に関する検討委員会」に出席した。テレビ放送のために割り当てられているが時間的・地理的・技術的な理由から利用されていない周波数帯域、いわゆるホワイトスペースの利用について、米国でホワイトスペース解禁を推進している企業の立場から説明するためだ。(本稿は「NIKKEI NET IT PLUS」に掲載したものです)
 


続きを読む

2009-2-16

IPv4アドレス枯渇問題についてフォーラムを開催します

3月6日、IPv4アドレス枯渇問題についてのオープンフォーラムを開催します。デジタルコアメンバー以外の方もぜひご参加ください。
 


続きを読む

第35回「『地域貢献』を掲げるケーブルテレビ~鳥取県米子市の中海テレビ放送」

中海テレビ放送の本社

 伯耆富士・大山を仰ぎ見る鳥取県米子市。周辺の2市4町1村をカバーする中海テレビ放送は、2009年11月で開局20年。地域密着のユニークな放送局として、地域メディアのモデルを提示している。


続きを読む

インターネットガバナンスフォーラムの未来――特集IGF2008(5)

kummer02.jpg
 
 このコラムでは計4回にわたり、昨年12月にインドのハイデラバードで行われた国連主催の「インターネットガバナンスフォーラム」について考えてきた。この特集の締めくくりとして、この会議の事務局長であるマーカス・クマー氏の特別寄稿を掲載する。
 


続きを読む

2009-2-09

TLD一般化は受け入れられるか?――特集IGF2008(4)

kato.jpg
 
 前回に引き続き、米国からネット参加した昨年12月のインターネットガバナンスフォーラム(IGF)について考えていきたい。特に、今回はTLD(トップレベルドメイン)問題について詳しく紹介する。
 


続きを読む

2009-2-02

1万マイルの彼方から参加したネットガバナンス議論――特集IGF2008(3)

kato.jpg
 
 3回目となる国連主催のインターネットガバナンスフォーラム(IGF)が、昨年12月3日から4日間、インドのハイデラバードで開催された。その模様については、この特集の第一回第二回で、多摩大学の会津泉教授により詳細に報告されている。
 


続きを読む

メニュー