2005-6-30

無線ネットワークのネクストステージ

062901
無線ネットワークのネクストステージをテーマに開催された月例勉強会の会場

 日経デジタルコアは6月29日、無線ネットワークをテーマに月例勉強会を開催した。WiFi、WiMAX、そしてPHSと、それぞれの通信方式が今度どのような展開を見せるのか、そしてワイヤレス環境の普及に不可欠な、電波の配分問題はどうなるのか。それぞれの分野から専門家を招き、今後の展開を探った。


続きを読む

事実確認が不足、判決は時期尚早

慶應義塾大学 経済学部助教授 田中 辰雄氏

 私は著作権問題は経済問題であると考えているので、今回の判決は残念なことであると思います。経済問題として考えるなら、次の2点の事実確認が決定的に重要です。


続きを読む

社会全体の利益を考えた、やむをえない判断

大阪市立大学 創造都市研究科 教授 中野 潔氏
 
 5年前に拙著で述べているとおり、無許諾での著作物ファイルのやりとりに大いに使われることを知っていながら、P2Pツールなどを提供し続ける場合、著作権侵害に問われても仕方がないと考えている。


続きを読む

フェアユース判断基準への原点回帰

新潟大学法学部 助手 須川 賢洋氏
 
 今回の判決を出すにあたって合衆国最高裁がとった手法は、誠にシンプルかつ明瞭なものであったと言えるのではなかろうか。すなわち、高度な技術論や法解釈論に踏み込むのでなく、P2Pソフトの性質と被告:GROKSTER社の行為を「フェアユース」の判断基準に再度当てはめてみた結果、アンフェアだとの結論を導き出したと言えよう。


続きを読む

2005-6-29

違法コピー氾濫に警鐘――DRMの標準化に期待

東洋大学 経済学部 教授 山田 肇氏

 
 インターネットによって違法コピーが氾濫(はんらん)する事態に警鐘を鳴らした判決だ。この判決を受けて、今後は、デジタル著作権管理(DRM)が広く利用されるようになって行くだろう。


続きを読む

技術中立性を貫いた米最高裁――ソニー判決そのものは覆さず

成蹊大学教授(米国弁護士)城所 岩生氏

kidokoro2.jpg

 
 4月13日付、NIKKEI NET「ネット時評」に「原審差し戻しか?― P2Pソフト著作権侵害訴訟、米最高裁での口頭弁論を傍聴して」を寄稿した。その最高裁判決が下った。ソフト配布者の著作権侵害責任を認める予想外に踏み込んだ判決だった。9判事全員一致の結論だったのも、今回見直しを迫られた21年前のソニー・ベータマックス判決が5対4のきわどい判決だっただけに意外だった。法の番人の頂点に立つ最高裁判事達にとって違法ファイル交換のまん延は容認できないということで、踏み込んだ判決になったのかもしれない。


続きを読む

2005-6-27

デジタルコアのサイトをリニューアルしました

日経デジタルコアのサイトをリニューアルいたしました。

また、NIKKEI NET ITビジネス&ニュースに掲載している「ネット時評」を、こちらのサイトで閲覧することも可能になりました。

旧サイト(http://www.nikkei.co.jp/digitalcore/)も存続しておりますので、過去の勉強会の記録などにつきましてはこちらをご参照ください。

今後、コンテンツの充実を進めていきたいと存じますので、どうぞよろしくお願いいたします。

日経デジタルコア事務局

こどもどこでもものがたり

nakamura2.jpg


エッフェル塔と信号機とキノコ


 均整のとれたベージュ色の町並み。パリを一望するならポンピドーセンターの最上階に限る。エッフェル塔やモンパルナス・タワーは背が高すぎて、展望台は眼下が遠すぎる。程良く見渡すには、目線の低さが要る。エッフェルは偉いがエッフェル塔は高すぎる。モンパルナス・タワーは醜悪だ。登るとモンパルナス・タワーが見えなくなるからみなモンパルナス・タワーに登るのだ。


続きを読む

バックナンバーはこちらです

2005年5月までの「ネット時評」はこちらで閲覧できます。

http://it.nikkei.co.jp/business/column/njh.aspx

メニュー