世界情報通信サミット2005ネット会議
ネット会議トップページへ アンケート ネット会議参加者リスト
-


アンケート

新しい働き方(ワークスタイル)とそれを支援するオフィス(ワークプレース)に関するアンケート調査結果報告

日経デジタルコア事務局では、世界情報通信サミット2006のテーマ「デジタル・ワークモデル」に関連して、新しい働き方と、それを支えるオフィスについてのアンケート調査を行った。
2006年の1月上旬、国内の従業員1,000人規模以上の企業約1,500社に調査票を送付、103社から有効な回答を得た。
調査は日経デジタルコアが企画し、日経リサーチが実施した。質問票の作成は日経デジタルコア「フューチャーワーク研究会」の主査である、古矢眞義氏(古矢リサーチグループ代表)に依頼した。
-
Q
質問1
ITの急速な進展や、競争激化など市場の変化への迅速な対応、知的創造業務の必要性の高まりなどから、新しい働き方(ワークスタイル)に挑戦する企業が増えています。働き方(ワークスタイル)の変革には、組織、人事、管理、ITシステムなど様々な企業内の仕組みも同時に変革をすることが求められます。
貴社では、働き方(ワークスタイル)が、今後の企業経営にとってどの程度の重要性をもっていると思いますか。

Q
質問2

Q
質問3

Q
質問4

Q
質問5
新しい働き方(ワークスタイル)の導入により、貴社では主にどのような効果を狙っていますか。重視している効果を3つまで選択してください。

F
1
御社の従業員数をお知らせください。
正社員の男女比はおよそどのくらいですか。

F
2
御社の業種をお答えください。

ページのトップへ


[ ネット会議トップページへ ]


-
お問い合わせ:digitalcore@nex.nikkei.co.jp
Copyright 2006 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved. NIKKEI NeT NIKKEI Digital CORE