【ネット時評 : 福島直央(三菱総合研究所)】
「コンテンツライセンス」が果たす役割――新たなコンテンツ創作環境へ向けて

fukushima02.jpg
 
 最近「知財立国」「コンテンツビジネス」などがさかんに語られるようになり、著作権が熱い視線を浴びている。この著作権を守る仕組みを担っているのは、言うまでもなく著作権法である。

 この著作権というものは、一つの権利ではない。「権利の束」とも言われるように、複数の権利を束ねて「著作権」という一つの枠をつくっているのである。例えば、複製、インターネットでの配信、改変などについての権利だ。

 さて、この束にされている権利は、時代とともに変遷している。もともと印刷業者が海賊版から自らを守るために求めた権利だったので、複製に関する権利しかなかった。しかし、著作物の利用形態が増えていくに従って、権利の範囲は拡大してきており、今のように二次的著作やインターネットでの配信など、広い範囲をカバーする権利となり、さらに私的録音録画補償金制度など、関連する制度も整備されている。昨年の改正では海外製作による邦楽CDの還流防止策の創設や、書籍に関する貸与権の猶予制度廃止などがあり、一般的に制度の変化は権利者にとって有利な形になる方向が強い。

 また、PCでのコピーを制限したコピーコントロールCD(CCCD)に代表されるように、権利だけではなく、Digital Rights Management(DRM)のような技術によっても、著作物は守られるようになってきている。技術的に複製できないようにすることで、権利者が認めている範囲以外の利用を禁じているのだ。こうした手法は、法律以上に厳しい保護となることも多い。

著作権強化への疑問とクリエイティブ・コモンズ

 しかし、著作権法を強化したり、DRMなどの技術を用いることによって著作物を強力に守ることは、本当にコンテンツの発展につながるのだろうかという疑問も出てきている。
 確かにP2Pファイル交換ソフトや、海賊版の横行などによって著作権の侵害はかなり広範囲にわたっており、侵害を防ぐための対策も必要だろう。だが、それによって消えてしまう、新たなコンテンツやサービスもあるのではないか、ということが問われてきているのである。
 著作権というものは、著作物が制作されたときにすべての作品に同じ権利が与えられる「無法式主義」がとられている。そのため、個人が趣味で創った作品も、商用目的で創作された作品も、同じように守られる。
 しかし、クリエイターの中には、自分の作品をもっと多くの人に見てもらうこと、使ってもらうことに価値を見いだす人が多くいる。また、無料で配布して多くの人に気に入ってもらえれば、次の仕事では報酬が出るかもしれないし、自分の作品を他の人に使ってもらうことで、自分のことをもっと知ってもらえるかもしれない。自分の作品を使ってもらえて単純に嬉しい、そういうこともある。

 このようなときに、著作者が作品を使ってもらいたいと考えていても、その作品は著作権で守られているので、使用者は著作者に許可を得なくてはならない。そうしなければ、その作品の使用が許されていなかった場合、許可を得ずに使用していた人間は、著作権侵害に問われてしまうからだ。だが、その都度交渉するのは実に煩雑な作業になるし、利用を許可しているかどうかをあらかじめ知ることができないので、どのように交渉を行えばいいか分からない場合も多い。

 このような問題に対する解決策として登場したのが、このネット時評でも取り上げられたことがある、クリエイティブ・コモンズ(Creative Commons: CC)である。

 あらかじめコンテンツの著作権者が、コンテンツの使用の許諾範囲や使用条件について明示していれば、コンテンツの提供者も使用者も、作業の負担が少なくなる。その明示を簡単にできるようにしたのが、このCCという概念なのである。

 CCではたった二つの選択肢――①作品の営利利用を許可するかどうか、②作品の翻案・改変による利用を許可するかどうか――を選ぶだけで、ライセンスをつくることができる。そしてそれをWebサイトにリンクで表示しておけば、使用する側も、どのような範囲で使用できるかすぐにわかる、という仕組みだ。

 これによって、著作者は自らの権利を留保しつつ、ある程度の利用を許可するということが簡単にでき、利用者も一定の範囲で利用可能なコンテンツについて知ることができるようになる。そして、このCCで発行されたコンテンツは、新たなコンテンツの創造へとつながってくる。

クリエイティブ・コモンズの利用状況、そしてコンテンツライセンス群

 CCは今、欧米を中心に様々なコンテンツで使用されるようになってきている。Webのコンテンツだけではなく、書籍にCCをつけて発行したり、CDにCCをつけて発行したりということも行われるようになった。そのような中で、CC作品を元に別の作品をつくるというような行為も行われているし、ビジネスにも応用され始めている。例えばMagnatune社は、mp3やストリーミングを利用して、CCをつけた音楽作品を配信している。そして、それを聞いて、音楽を気に入った人にCDと同等の音質のファイルを販売したり、音楽を映画音楽に使用するなど、別の形で使いたい人からライセンス料をとるというビジネスを行っており、収益を上げている。

 CCのようなライセンスプロジェクトは他にもいくつか現れてきている。日本ではCCよりも前に、OpenCreation Movementによって、音楽専用のライセンス、OCPLが誕生している。このライセンスは日本のネットラジオ界などで使用されており、先頃、このライセンスを利用した音楽レーベルも誕生した。

 最近では、em-commonsというプロジェクトが立ち上がり、オリジナルの作品の複製は許可しないが、二次的著作のみを許可するというライセンスが公開されている。こちらはまだ立ち上がったばかりで使用されてはいないが、いくつかの点で採用される可能性があるという。一つは、活発に二次的著作を中心とした創作活動が行われている、コミックマーケットをはじめとする同人誌市場での採用。もう一つは、二次的著作物を許可して、その二次的著作物が有名になれば、原著作物もまた再び注目されることになるということから、著作権は切れていないが、現在はあまり市場に出ていない作品につけるという形での採用、などが考えられている。

創作環境の未来へ向けて

 今までの著作権システムでは、著作権者の利益を考えて著作物を厚く保護するという形で考えられてきたが、著作物というものを考えるとき、そこで考えなければいけないのは果たして著作権者の利益だけなのだろうか。著作権者の利益というのは重要な視点ではあるが、コンテンツを実際に創作した著作者は、そのコンテンツをもっと広めたい、もっと使用して欲しいなど、利益以外の目的も持っていることが多い。そして、著作物というのは利用者がいて初めて利用されるものだ。利用者にとっての便益というものも考えておく必要があるだろう。

 これら複数の視点から現行の著作権制度を考えるとき、それは果たしてバランスがとれているだろうか、著作権者の利益に偏ってはいないか、という疑問を感じる人も多い。

 CCその他のライセンスプロジェクトが動き出した背景には、そのような疑問があるのだろう。著作者にとっても利用者にとっても、今よりもっと利益をもたらすような創作環境ができないか、という実験でもあるのだ。

 ただし、創作環境は、ライセンスだけでは変わらないかもしれない。ひとつのきっかけとしては意味があると思うが、ビジネス化などの方向も含めて、活発に動き出すには何かが足りないかもしれない。日本のクリエイティブ・コモンズ・ジャパンは、まだほとんど動きだしていないが、その理由もその辺りにありそうだ。

 まだその「足りないもの」を明確に指摘することは難しい。しかし、私見でいくつか考えられることをあげておきたいと思う。まず一つは、コンテンツそのものを制作するためのシステムである。アップルの音楽制作ソフトGarage Bandを使って自作の音楽を交換しあうコミュニティーは、現在急速に拡大している。このような「創作のためのシステム」の存在は、大きな意味を持っているのではないかと思える。もう一つは、コンテンツから報酬を得るためのシステムである。金銭的な報酬では必ずしも無いだろうが、ライセンスを付したコンテンツの利用者から、コンテンツの創作者が「何か」を得られるような仕組みが整備されることで、変わる部分もあるのではないだろうか。

 創作者にコンテンツを創作させるような「何か」、それが金銭なのか、名誉なのか、知名度なのか、それとも作品を見てくれる人が大勢いるということなのか、それはわからない。コンテンツの創作者は、ただ書きたいから書いている、作りたいから作っている、ということも多い。ライセンスやシステムがそのようなコンテンツが表に出てくることを促し、そうしたコンテンツがまた別の人を刺激してさらに新しいコンテンツが生み出される、というサイクルが出来れば、コンテンツの創作環境は大きな変化を遂げることになるのではないか。

 最後に、よくある誤解を解いておきたい。CCのようなライセンスは、決して著作権制度を否定してはいない。著作権の存在を認めた上で、自分が手放しても良い権利を「選択する」という形をとっているのだ。つまり、著作権をもっと柔軟に考え、利用していくためのものなのだ。そうした理解に基づき、CCがもたらす意味と、それがもたらすであろう未来について考え、そしてその未来を目指して行動する人が現れてほしいと願っている。

<筆者紹介>福島直央(ふくしま・なお)三菱総合研究所 次世代社会基盤研究部
1979年生まれ、福岡県出身。2003年一橋大学法学部卒業。2005年、一橋大学大学院社会学研究科在学中に国際大学グローバル・コミュニケーション・センター・リサーチアソシエイトに。2005年、大学院修士課程修了後、株式会社三菱総合研究所に入社、次世代社会基盤研究部に所属。2003年よりCreative Commons Japan関連のプロジェクトに参加。専門は著作権法、コンテンツ政策など。

コメント一覧

メニュー