【お知らせ】
ICT「負の側面」を考えるセミナー 参加者募集

GIICセミナー
「ナレッジベース社会・経済の実現のためのフレームワーク
~ICTの今後顕在化していく諸課題解決に向けて~(第3回)」
開催のご案内
 
5月15日、東京で世界情報基盤委員会フォーラム(GIIC)が世界銀行、日立製作所との共催による「ナレッジベース社会・経済の実現のためのフレームワーク」をテーマにした連続セミナーの第3回を開催します。
 

昨年の4月に始まったこのセミナーは、ICT発展の陰で深刻化する、ネット犯罪やデジタルデバイドといった「負の側面」へグローバルな視点で対応していこう、と企画されました。日経デジタルコアも当初から協力しています。

(第1回の模様)
http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?n=MMITaa000004042008

(第2回の模様)
http://www.nikkeidigitalcore.jp/archives/2008/10/post_175.html

前回は、こうした負の側面への課題解決のために、国際的にノウハウや成功事例を共有する「ナレッジベース社会」を形成していく必要があるのではないか、という視点で意見が交わされました。

今回はその議論を一歩進め、ナレッジベース社会の推進における課題や制度設計、あるいは米国の関連政策など、実践的な視点で考えていきます。
その上で、根本的な解決のためには社会常識レベルでの意識転換を要するのかどうか、ということにも言及していく予定です。

当日は、世界銀行の保有するビデオ会議ネットワーク GDLN (Global Development Learning Network) を活用し米ワシントンDCほか、世界各国と結んで立体的に議論を進めます。

ご参加のお申し込みは、下記のサイトで受け付けています。
皆様の積極的なご参加を御願いいたします。

==============================

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
GIICセミナー
「ナレッジベース社会・経済の実現のためのフレームワーク
~ICTの今後顕在化していく諸課題解決に向けて~(第3回)」
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【詳細ならびに参加申し込み】

http://go.worldbank.org/5QUYF2AIU0


【開催概要】

主 催 : 世界情報基盤委員会フォーラム(GIIC)、世界銀行、
       日立製作所

協 力 : 日経デジタルコア

日 時 : 5月15日(金) 午前9時~午前11時

会 場 : 世界銀行 東京開発ラーニングセンター(TDLC)
       東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル10階
       http://www.jointokyo.org/ja/about/location/

参加費 : 無料

通 訳 : 日英同時通訳付き

申込方法: 下記WEBサイトにアクセスし、お申し込みください。
http://go.worldbank.org/5QUYF2AIU0

【プログラム】

イントロダクション
大森功一氏(世界銀行 広報担当官)

スピーチ
渡辺洋之(日本経済新聞社 デジタル編成局次長兼編成部長)
「知識ベース社会構築に対し浮上してきた新たな課題」

スピーチ
横江公美氏(パシフィック21代表)
「オバマ大統領が目指す知識ベース社会」

スピーチ
松山泰浩氏(経済産業省商務情報政策局情報政策課企画官)
「知識経済社会における新たな制度パラダイムの構築について」

パネル討論
上記スピーカー並びに
バレリエ・デコスタ氏(世界銀行InfoDevプログラム・マネージャー)
*テレビ会議参加
モデレーター:梶浦敏範氏(日立製作所 情報・通信グループ担当本部長)

---------------------------------------------

プログラムの詳細並びに参加申し込みページは、下記のWEBサイトに
ございます。

http://go.worldbank.org/5QUYF2AIU0

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://www.nikkeidigitalcore.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/320

コメント一覧

メニュー